SMBC日興証券のオンライントレード 日興イージートレード
このウインドウを閉じる

有効期間中にご注文が無効となる場合

平日の夜間(17時〜翌2時)及び休日、または期間指定が今週中で繰越している注文については、以下の条件に一つでも合致すると、指定された期間に関わらず、また市場執行前であっても自動的に無効となります。
この場合、期間途中でもご注文は翌営業日以降に繰り越されませんので、くれぐれもご注意ください。ご注文が必要な場合は、改めて注文の入力をお願いいたします
尚、当社からは注文が無効となった場合の連絡は行ないませんので、お客様ご自身でご確認いただきますようお願いします。
(1) ご注文が大引け時点において一部約定(内出来)となった場合 (*1)
(2) 新規銘柄等の注文で、基準値確定後に値幅制限外となった場合 (*2)
(3) 減資等が行われた場合 (*3)
(4) 権利落日(価格変動を伴わない権利落ち《臨時株主総会の議決権等》も含まれます)、配当落日になった場合 (*3)
(5) 当該市場から上場廃止・上場替えとなった場合 (*3)
(6) 売買単位が変更になった場合 (*3)
(7) 当該銘柄が商号変更された場合 (*3)
(8) 日興イージートレード信用取引において、対象市場での信用対象銘柄でなくなった場合 (*3)
(9) 取引所、証券金融会社、日本証券業協会並びに当社規制の対象銘柄となった場合 (*3)(*4)
(10) 売却可能な残高が不足している場合 (*4)
(他店へ口座移管された場合や特定口座から一般口座に残高を移した場合など)
(11) 日興イージートレ−ド信用取引において委託保証金の維持率割れ、委託保証金不足となった場合や、当社の定める期限までに追加保証金や決済損金等を差し入れられない場合 (*4)
(12) 日興イージートレード信用取引において、上場廃止、株式合併、株式交換、株式移転、併合(減資)、株式分割等により決済期日が繰り上げられたため、決済注文(返済、現引、現渡)が決済期日前営業日の大引け時点で約定しなかった場合(*4)
(13) TOPIX100構成銘柄に適用または除外された場合(*3)
(*1) 注文約定一覧の状態表示は「内出来」となり「有効期限」が事象発生日当日に変更されます。
(*2) 注文約定一覧の状態表示は「失効」となり「有効期限」が事象発生日当日に変更されます。
(*3) 注文約定一覧の状態表示は「出来ズ」となり「有効期限」が事象発生日の前営業日に変更されます。
(*4) 注文約定一覧の状態表示は「取消済*」となり「有効期限」が事象発生日当日に変更されます。
期間指定が今週中の注文については、期間最終日前日の夜間に値幅チェックを行い、制限値幅範囲外となる場合は状態を「エラー」として失効注文扱いと致します。(東証のみ、トリガー価格到達前の逆指値注文を除く)
このページの先頭へ
このウインドウを閉じる